辻井 伸行 動画。 辻井伸行「ドイツ公演」出来映え ピアノ音色に観客が顔色変えた: J

この日の為に入念な準備を重ねリハーサルに臨んだだけに、マエストロからの想像以上の賛辞に辻井も大変感激していた。
2009年アメリカのテキサス州フォートワースで開催された「第13回 ヴァン・クライバーン国際ピアノ・コンクール」。 公演曲目は日本公演の東京(10月31日(木))、名古屋(11月2日(土))、大阪(11月4日(月・祝))でも演奏される、ベートーヴェン「エグモント」序曲、リストのピアノ協奏曲第1番、マーラーの交響曲第5番。 まさかという思いでブーニン演奏の「英雄ボロネーゼ」を再購入、流してみると手足をばたつかせて喜んだようです。 意識的にやるか、たくさん訓練して無意識的にできるようにするかは別の話として、そういったこともできないと、なかなか演技のうまい役者とみなされません。 画の説明 御紹介した動画の説明欄を訳してみます。 本名は「ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン(Ludwig van Beethoven)」 【ドイツのボンの場所】 ベートーベンのお父さんはテノールの宮廷歌手でしたが、お酒好きで収入は途絶え気味だったため、ボンのケルン選帝侯宮廷の歌手だった祖父に生活の援助をしてもらっていました。 」この確かな小指の運指に見惚れてしまう。 その後2歳のころには両手でおもちゃのピアノを 弾きこなして周囲を驚かせたそうです。
23 94