乳頭 温泉郷 黒 湯 温泉。 黒湯温泉 【 口コミ・宿泊予約 】

先客もじっくり楽しんでいる 「危険」と書かれた看板もありました
もちろん内湯は男女別だし、露天も男女別に用意している宿もあり混浴しかないというわけではありません 食堂の営業時間は短いのですが、日帰り入浴の受付の近くに、軽食を取れるスペースがあります
残念ながら源泉だけとはいかない状況です ほとんど露天風呂の気分だ
露天風呂の柱は自然の木をそのまま使った野性味あふれるもの 基本的に黄色いに色づいた木々が多いので、その中に赤く色づく紅葉があるとかなり目立ちます
一度は乳頭温泉の宿に泊まってみたいと思いながらも、私自身は新しめの小規模旅館が多い田沢湖高原温泉や水沢温泉郷に宿をとって、乳頭温泉郷には日帰りで湯巡りしに来ることが多いのですが、その中で最も気に入って何度も訪れているのがこの、黒湯温泉です 浴室は電球だったか?の照明が一つのみで薄暗い浴室である
内湯の右手を出ると打たせ湯がある (約1時間) 黒湯温泉駐車場から休暇村田沢湖高原までの山道は、ブナの木のトンネルです
乳頭温泉の宿はもういっぱいかもしれませんが、近くの田沢湖高原温泉や水沢温泉郷に宿を取って、日帰りで乳頭温泉に来ても十分楽しめると思います 聞いた話では、男湯の露天風呂はもっと眺めがよく、むしろ混浴露天よりも男湯の露天のほうが眺めがいいと言っている方もいました
湯小屋向かいの打たせは貸切利用できるので、女性も気兼ねなく楽しめます 湯は乳白色であるが黒湯と言うだけあって暗いグレーがかった色合い
30
また、外来時間帯の午後は「湯なまり」が大きく気持ちの良い状態ではありませでした。 混浴露天風呂がこちら。 getBoundingClientRect ;return e. 【混浴の内湯と露天風呂】 浴槽は内湯も露天風呂もあまり広くはなく、内湯の方が僅かに大きい程度だ。 内湯にはシャンプー・ボディソープが完備されていまいた。 泉質は硫黄泉で黒湯とされていますが、実際には青みがかかったような乳白色で、肌がつるつるになります。

駐車場の下に宿がある。

黒湯の源泉は先達川の支流黒湯沢にある。

要予約の特別メニューとして、比内地鶏使用のきりたんぽ鍋や比内地鶏鍋、イワナの骨酒などがいただけます。

中央右よりに書かれている「管理棟 受付 売店」が現在地です。

駐車場から細い道を下っていきます。

でも全く気になりません。

男女別にも温泉があり、どちらにも内湯と露天風呂があります。

内湯と脱衣所の仕切りはほんの目隠し程度の簾のみ。

84