喘ぎ 声 盗聴。 コンクリートマイクを実際に壁越しで試してみた

音楽を流すことで、会話の内容を聞き取りにくくして、 コンクリートマイクによる盗聴を防ぎます。 これが毎晩なのです。 ラブホテルの中には物も多く、盗聴器を仕掛けられやすいです。 そのため、この方法は根本的な解決方法とは言えません。 しかし、「会話の内容がわかりにくい」というだけで、盗聴そのものはできてしまいます。 喘ぎ声は必要! ここで、「そもそも喘ぎ声って必要なの?」といった質問が飛んできそうですが、答えは当然「YES! 3人の男の誰かが、娘の父親ですが、そのことを娘はもちろん、ほかの家族も知りません。 音楽を流すことで会話の内容を聞き取りにくくして、 コンクリートマイクによる盗聴を防ぎます。 有名な神社で、生まれたばかりの娘を抱いた27才の私。
20 6

しかし探偵はそんな時のために、コンクリートマイクを常備しています。

そんな強い意志を持った小野美佐江さん(仮名・静岡県・61才)が、自らの半生を告白する。

きょうだいは年子の兄と、年の離れた弟。

隣の部屋に対して盗聴を行おうとする場合、コンクリートマイクと呼ばれる装置が盗聴器として使われることがあります。

上記に挙げた方法で、盗聴を完璧に防ぐことができるとは必ずしも言えません。

もちろん人の話し声も同じで、声を発することで空気が振動し、その振動はほんのわずかですが、壁も揺らします。

まるで映画のスパイのような手口ですが、最近はこうした高性能な機材が盗聴に使われる可能性もあります。

91