竹内 まりや ベスト ヒット。 竹内まりやの楽曲一覧

プラスティック・ラヴ• 『Pom Pop White Pop』(文化放送• ベスト・アルバム『Impressions』にも収録されている。 48
シングルバージョンがCD化されたのは、本作が初である。 2013年最新デジタルリマスターで蘇った、そのオリジナル・アーティストによる歌唱音源の数々は、改めて竹内まりや作品の魅力を再発見することが出来る。 林が作曲した、を披露した。 このベスト・アルバムの収録曲を決める際のリクエスト投票で第一位となった曲。 しかし同1982年、山下の担当ディレクターがから独立し、を設立すると、山下も「役員兼所属ミュージシャン」として移籍した。 2008年度年間11位(オリコン)• やがて竹内はへの出演を段階的に減らしていったが、踏ん切りを付けることはできないで活動し続けていたところ、いつものように出掛けようとしたある日の朝、急に涙が溢れてきて、そして声が出なくなってしまった。 DREAM SEEKER• には、6年ぶりの『』を発表した。 出雲の市民コーラス隊と共に、地元でレコーディングしたには、デビュー35周年の記念企画として「リンダ」、「」、「」など他のアーティストへの提供楽曲を集めた2枚組『』を発売。 僕の街へ• 美野春樹: Electr ic Piano• 家に帰ろう• 登場回数151回(オリコン)• 3月、(大衆芸能部門)を受賞。 アイドル的活動 [ ] 放送の(スポーツ)『第17回 』に RCAレーベルの代表の一人 として駆り出された時は、出るからには精いっぱい頑張ってで第2位になったものの 、帰宅して冷静になってからで振り返っていると、「一日何も歌わせてもらえずに私は何をしていたんだろう」と酷く悲しい気持ちになったという。
9