サッポロ クラシック ラガー。 「サッポロラガービール」缶 数量限定発売

単に技術が未発達の時代のビールとして片付けるには惜しいということだろう。

話を聞いていくと「生ビールだから」、「熱処理ビール」だからという理由が「赤星」の人気が高まっているわけではないようです。 このブログでも2014年から缶の赤星を飲んでいました。 1位 サッポロ かれこれ数年、このビールのファンを務めている。 どうも、麦酒男です。 じーんとくる苦味です。 当時の僕は「は?ラガーってキリンの?そんなの普通やん」とかいう程度の認識だった。 今年ですか? 検討はあると思いますが、現段階では未定ですね」と話します。 香りはスッキリとした甘みがあります。
しかし公正取引委員会は「非熱処理のものを生ビールと呼ぶ」という判断を下し、今の生ビールの定義ができあがったのです。 赤い星は北極星で、この星のマークをとって「赤星」という愛称で呼ばれています。 値段が高い。 サッポロにしては珍しく残念なビール。 横道にそれてしまったので話を赤星に戻す。 キリンはを看板商品にしているようだが、は良くも悪くも癖がなく、面白みに欠ける。 原材料が同じでも、醸造の仕方の違いで味わいが変わるのが面白いところ。
80