忌憚 の ない。 「忌憚なく」の意味と使い方・類語・ビジネスでの使い方|目上

忌憚の「憚」という字は、差し控える、遠慮して避ける、ためらうという意味を持ちます 時と場合に応じて使い分けられるとよいでしょう
・お召し上がりください 」 (直訳)彼は常に率直に意見をくれる
美化語 お酒 遠慮の類語 遠慮の類語・類義語としては、へりくだることを意味する「恭謙」(読み方:きょうけん)、何かをしたい思いを抑えることを意味する「控えめ」、控えめに振る舞うことを意味する「慎み」などがあります
「胸襟を開いて話し合う」などと使われますが、日常的に使われる言葉ではありません その場合は、「恐縮ですが」「失礼を承知の上」など、「失礼だとは思いますが」というニュアンスのクッション言葉を入れて、相手への配慮を忘れないようにしましょう
せっかくの機会なのに、それは不本意なのではないでしょうか そんなときに使えるのが「忌憚なく言う」です
言うと少し不快な思いをさせるかもしれないが、あえて言うことがある場合、この表現を用いることができます おそれる
「忌憚のない」のビジネスでの使い方. 「忌憚のない意見」の目上の人への使い方は? では、目上の人に対して、「忌憚のない意見」というフレーズはどのように使えばいいのでしょうか 「忌」:いむ
代わりに、「ご遠慮なく」という表現を使うことができます しかし「忌憚」の後には否定形の言葉で、中でも「ない」がつくことがほとんどです
そんなときに非常に良く使われる言葉が「忌憚のない意見交換」「忌憚なき意見」です では、どのように使うのか下記の例文でチェックしていきましょう
86