絆2 謎当たり 設定差。 「バジリスク絆2」 設定判別 設定示唆 スペック ユニメモ 設定差 モード移行 判別 設定狙い 設定6 設定5 シナリオ|ENARE|note

弱チェリー確率• 無料会員登録で、30ドル分はもらえるので、これで遊べばリスクゼロです。

高設定ほどATに繋がりやすくなっています。

設定4でも機械割が106あるので粘るべき設定です。

BT突入時のキャラで、朧なら安定or超安定or夢幻or激闘、天膳なら夢幻or激闘が確定します。

なお、設定示唆画面は争忍の刻開始時の画面振り分けで「設定示唆」を選択した場合にのみ出現し、1~12戦目は継続時確定時の0. ・ 超高確である吉田宿でBCに当選した場合に高い確率でBTに当選 ・ 謎当たりが時々ある ・ 弱チェリー確率 この3つですかね。

つまり、ホールにとっても設定を入れて稼働率を上げたい、育てたい機種なので設定状況はかなり良いですよね。

通常時はBC当選率や謎当りに注目! 通常時は滞在モードや当選契機によってBC当選率が変化するが、基本的に 高設定ほどBCに当選しやすいと覚えておこう。

BC当選時のBT突入率• 今作ではユニメモを入れておくことでテーブルが判断でき、モードも正確に分かる。

偶数設定は駿府城に行きやすい あくまで私が今まで実戦した感じですが、偶数設定は駿府城に行きやすいです。

後は、どう見ても6はない、と言った時に設定246が確定すれば設定5も否定します。

39% 契機不明のBC当選で、異色BCが出てきた時点で、超高確中の謎当たりで、設定差のない部分を引いたということになります。

設定1… BC当選時の3. BT中の同色BCにも設定差があり、 絆高確のあるなしに関わらず同色BC当選率は共通のようです。

「ここで何も出ないようだとさすがにキツいか?」と思っていると、出てきたのは伊賀衆集合の「奇数示唆」。

結果としては投資100枚からの回収5000枚と快勝だったのですが、昼ごろには「設定6っぽくないからヤメよう」と真剣に考えていたので、「余裕の一発ツモ!😤」というよりも、「捨てなくてホントによかった😭」というのが正直な気持ちでした。

39
この日は通常時に突然「狙え!」演出が発生し、リプレイB 瞳術揃い から月下殲滅が直撃ということがあったのですが、実は、前にも同じホールで設定狙いをしているときに同じフラグを引いたことがあります。 設定5はモードと状態が良ければATに繋がりやすいものの、テーブル選択率のせいでモードが低めから始まりやすい特徴があります。 それでは設定判別手順の一例を紹介しておきます。 まずはテーブル一覧と、設定ごとの各テーブル選択率です。 今さら感があるが「バジリスク絆2」のnote記事を書いた事がなかったので、今まで出ている情報をまとめてみたぞ。 後は、設定4の機械割が高いという事ですね。 AT確率は偶数設定優遇といった特徴があります。 「超高滞在を最低でも150Gは確認しているのに、いまだに異色も含めた謎BCが0回か・・・」 「そういえばさっき超高巻物も超高強チェもハズして6ではなさそうだし・・・今日は全体的に弱いし、確定が出ない4なら捨てても仕方ないと思ってるから、今日は早めに逃げるかな・・・」 みたいな感じで押し引きの要素の一つに加えるのがいいかなと思います。 (一律0. 特に BC or AT終了時1G前にレア役も引いていないのに吉田宿スタートした場合は、 超高確スタート濃厚となるので 設定5・6確定となります。