横綱 年収。 相撲白鵬は、年俸が、いくらぐらいですか。

相撲の番付は10階級あり、上から順に 「横綱」「大関」「関脇」「小結」「前頭(平幕)」「十両」「幕下」「三段目」「序二段」「序の口」となっています。

力士は、文字通り命を削って相撲をとっているのである。

十両から上の番付を「関取」といい、横綱から前頭までの番付を「幕内」と呼びます。

本場所で優勝すれば1000万円支給される。

幕内が1000万円、十両が200万円、幕下が50万円、三段目が30万、序二段が20万円、序の口が10万円です。

しかし、それだけ用意すれば、館内放送で会社名やキャッチフレーズが流れるし、取組表にも企業名などが載る。

26

それが八角部屋というわけだ。

さらに、CMやテレビ出演などを重ねることで、1億はもちろん、2億、3億などと稼ぐ力士もいる。

1年以上、 横綱最長の8つの休場記録を続けながら、引退からわずか数週間で親方になったのだ。

稽古だけでなく部屋の雑用や親方の世話などもしなければならず、関取とは待遇に大きな差があります。

年6回の場所に出場し、番付を上げていくのが目的になります。

養老金は、横綱は1,500万円、大関は1,000万円、大関、関脇、小結は763万円、平幕は763万円、十両は475万円です。

近年なくなった 幕内力士経験者の平均寿命は60代の半ばに満たないと思う。

勝った力士は懸賞旗と同じ数の祝儀袋を手にする。

小結の場合の力士の年収 小結の年収内訳は以下の通りです。

タニマチは贔屓にしている相撲部屋や力士をサポートしてくれる後援者のことで、個人や団体など様々ですが、化粧まわしを用意してくれたり差し入れをくれたりなど、お気に入りの力士の手助けをしてくれます。

95 71