ずっ こい 方言。 広島県の方言

すじひき - のこと 例えをあげると下記のような意味がありますが、現代の「とても」や「すごく」などの意味にも当てはまる言葉です
1 ~の 言い換えれば茨城には統計的に古語が良く残っていることが証明されたことになる
山口方言ではジャ活用よりも、このカリ活用型特殊活用の方が優勢である 「冷たい」の都道府県別の方言一覧です
形態的には標準語の「せつない」にあたる 飯豊毅一・日野資純・佐藤亮一編(1983)『講座方言学 6 中部地方の方言』国書刊行会• 日本方言大辞典:小学館:平成1年 1989• また、山口県内の主要河川の多くは南北方向に流れており、流域に沿った生活圏が形成されていたことも、南北の方言差が小さい理由ではないかとされている
終助詞・間投助詞 [ ] 自己主張を表すものとして、東三河で「 じゃん(か)」、西三河で「 がね」を用いる 岩国市を中心に、敬意・尊敬表現として「お-る」が用いられる
びったれ - 汚い、不潔• ぽい:体言・動詞の連用形に付いて形容詞を作る [用例] 負けちょる-わー-やー、負けちょ-らー-やー(いずれも「負けてるのかよー」の意)
49 96
「-ちょる」「-とる」の子音[r]が脱落し、「-ちょお」「-とお」となる現象もしばしば見られる。 特に意味もなく、呼びかけに使うこともあるが、その場合は名古屋弁の「あのよぉ」の用法に近い。 この「アリマス言葉」は、明治初期に共通語や軍隊用語の丁寧表現に導入されたと言われている。 [用例] そんとは見だった・そんとは見んじゃった(そんなものは見なかった)。 「 やれ」は三河弁に特有のもので、命令・禁止・意志・推量を表す文の最後につく (例)「早あやりんやれ」。 ちゃっかし あわてんぼう。
58