宮永 咲 ss。 泉「宮永咲!私の宿命のライバルや!!」 : 咲

では夢うつつで「みなも…さかな」と呟くだけで謎は深まるばかり 109• はは、再会だって誓ったっちゅうに……ホンマ女々しいことやな
それは闇に乗じて行われる 何を不謹慎なことを考えてるの、私) 照(やっぱり誰かが亡くなるような話は苦手だな
」 照「うん…私も、お母さんとお父さんが仲直りしてくれる事を願ってる 全部ゴッ倒す! 右手から提げる、大好物のプリンが入ったビニール袋を、太陽からかばうため身体の陰に隠す
もうそういうことにしといたるから」 怜「てか病室であんまり騒がんといてえな 以降、『全員、ブッ倒す! そっちの真瀬さんには世話んなりました」 和「原村和です、よろしくお願いします」 優希「片岡優希だじぇ!インターハイでは同じ速攻派として痺れる打ち回しだったじぇ!」 京太郎「どうも、須賀京太郎です!お客さんなんて珍しいから嬉しいですよ」 恭子「男子部員がおるんですね、姫松は部自体が男子と女子で分かれとったから新鮮ですわ」 京太郎「まあ男子部員って言っても俺一人だけなんですけどね
いつの間に…」 菫「偶然、お前の姿が視界に入ってな お母さんとも仲直りしようとしてた
せっかく私の顔を三尋木プロに覚えてもらえるところだったのに……!」 宥「みんな、そのくらいでいいんじゃない? それより、昨日までのこと、話してもらえるよね?」 灼「そうそう 小さい頃の家族麻雀の影響(をかけて麻雀を打ち、負けるとお金を巻き上げられ、勝ったら叱られるという不条理な家庭環境 アニメではお菓子に変更 )から、常に プラスマイナスゼロを目指す麻雀しか打ってこなかった
やっぱり変わったかな でも麻雀部には来るんでしょ?」 穏乃「え……? なんで?」 憧「当たり前じゃん
」 照「うん…」 宮永母「どういう結果になるかはわからないけど、とことん話し合うつもり…」 照「…」 宮永母「だから照…あなたも咲とよくお話してみて…咲はあなたと仲直りしたいって、ずっと思ってるのよ カタカタしてるのが目に浮かぶわ…) 憧(まったく…ずっと『どこにいるの?ちゃんと待ち合わせ場所覚えてる?』って送ってたのに、不安になった途端これだから…) 憧(はぁ…かわいいなぁ……でも、しばらく不安になっててもらおう
月並過ぎる言葉やけど、あまりの美しさに言葉を失ってしまった 大人しいため目立たないのだが、姉と同じチームの大将で直接対決の相手とはいえ「 淡を叩き潰せば姉に想いが伝わるはず」と過激な物言いをするなど、少々物騒な思考の持ち主
42