コロナ 飲食 店 ガイドライン。 飲食店向けのガイドライン:Withコロナ時代の営業再開・継続のための取り組み

【内閣官房 新型コロナウイルス感染症対策 特設サイト】• 接客にスマイルマスクを使用 都内に7店舗を展開する「大衆和牛酒場コンロ家」は、感染防止対策として従業員がマスクを付ける際にも「お客さんとは笑顔で接したい」という思いから、「スマイルマスク」を作成しました 飲食店向け予約管理システム「ebica」を運営するエビソルが公表した飲食店の予約状況データによると、4月最終週における全国の飲食店予約件数は前年比95%減と、非常に厳しい状況であったことがわかります
デリバリー・テイクアウト時:料理の受け渡しの際の消毒・店内飲食客の動線と区別• また、関西を中心に展開する焼肉店「ワンカルビ」では、テイクアウトや店舗の事前予約、混雑状況の確認への協力を利用客へ依頼しており、店舗での密集や密接を避ける工夫をしています 2020年5月1日現在、食品(生で喫食する野菜・果実や鮮魚介類を含む
フェイスシールドは顔を覆う部分の角度を調整しながら飲食できる作りで、フェイスシールドを着けたまま飲食をするという新しい飲み会の形として注目が高まっています 「ガイドライン」は、 飲食店における新型コロナウイルスをはじめとした感染防止対策をわかりやすくまとめたツール
アクリル板を使用して飛沫感染を予防 福岡市博多区中洲の老舗日本料理店では、テーブルに高さ80センチ、幅60センチの透明なアクリル板を設置し、対面して座った客の飛沫感染を防止する対策を行っています さらに、コイントレイや手指をこまめに消毒するよう心がけます
客席 利用客が入れ替わるたびに、テーブルやカウンターをアルコール消毒します そんな飲食業界におけるガイドラインは、一般社団法人 日本フードサービス協会 一般社団法人、全国生活衛生同業組合中央会 によって作成されています
店内や店頭に掲示するA3サイズのポスターや、メニューに挟み込んで利用するA4サイズのパンフレット、テイクアウトやデリバリーに添付するA5サイズのパンフレットなど、3種のプリントアウトデータに加えて、ホームページやSNSの投稿の際に利用できるアイコンデータも用意した 万が一従業員が新型コロナウイルスに感染したり、感染者の濃厚接触者であると判断されたりした場合、就業は禁止します
使い捨ておしぼりへの変更 一方、同アンケートによると、提供するおしぼりを使い捨てのものに変更した店舗は34%、抗菌・抗ウイルスタイプのおしぼりを導入した店舗は17%と、 おしぼりについては対策している飲食店が少ないことがわかりました 関連記事 目次• 〇厚生労働省・経済産業省・消費者庁特設ホームページ「新型コロナウイルスの消毒・除菌方法について」 〇新型コロナウイルス対策ポスター「身のまわりを清潔にしましょう
新型コロナウイルス感染症患者が発生した場合 企業等で新型コロナウイルス感染症患者が発生した場合の対応は、下記ページよりご確認ください 新型コロナウイルス対策の緊急事態宣言が解除され、2020年5月末には飲食店の営業自粛も緩和されました
更新日 令和3年2月9日 職場等での取組• 入店から会計まで:マスクの着用・ソーシャルディスタンスを考慮した座席への誘導・レジに飛沫防止のためのアクリル板の設置・現金やクレジットカードの受け渡しはトレイを利用• また各事業者の中には、ぬいぐるみを活用したユニークな方法でのソーシャルディスタンスの確保、メニューの価格変動で混雑回避、AIを活用した混雑予想システムの導入・アクリル板の設置による飛沫感染予防、手作りスマイルマスクなど、最新技術を活用した対策から手作り感のある対策まで、店舗のスタイルや店舗ごとに異なる状況を考慮し、創意工夫を施した対策が見られるようになりました この記事では、飲食業界や各地域で公表されている新型コロナウイルス感染対策のガイドラインや感染対策の事例について紹介します
16

店頭では、感染対策をしていることを記したのぼりやボード、また東京都が独自に配布している虹のデザインの 「感染防止徹底宣言ステッカー」などが有効です。

現金、クレジットカード等の受け渡しが発生する場合には、手渡しで受け取らず、コイントレイ(キャッシュトレイ)などを使用する。

またその背景には、11月以降顕著となった新規感染者数の増加がある。

手間を掛けずにできる新しい集客とは? 「コロナで売上がガクッと落ちてしまったから新しい集客方法をやらないと…」「自粛で営業時間が頻繁に変わるがネット上の情報が変えられていない…」そんな悩みを がまとめて解決します!. カウンター席は密着しないように適度なスペースを空けるか、カウンターテーブルに隣席とのパーティション(アクリル板等)を設置するなどし、横並びで座る人に飛沫が飛ばないよう配慮する ・テーブル席は、真正面の配置を避けるか、または区切りのパーティション(アクリル板等)を設けるなど工夫する ・少人数の家族、介助者が同行する高齢者・乳幼児・障がい者等が同席する場合で、上記の対応を行わない場合にあっても、他グループとの相席は避ける ・グループ間の安全を確保するために、他のグループとはできるだけ1m以上の間隔を空け、店舗内のスペースや構造上、物理的に間隔を空けた席の配置が難しい場合は、パーティションの設置や、スペースに余裕がある場合は斜めでの着席などを工夫する。

店舗はもちろん、従業員のロッカールームや控え室も換気し、空調設備は定期的に清掃します。

飲食店の営業再開に向けての動き 緊急事態宣言が解除され飲食店の営業再開が進むなか、改めて新型コロナ対策を見直し徹底することが求められます。

現金やクレジットカードなどの受け渡しが発生する場合には、手渡しではなくコイントレイなどを利用します。

また、株式会社シンクロ・フードの調査では、飲食店の約8割が「コロナの影響で売上が減った」と感じています。

12