今川 義元。 【入門】5分でわかる今川義元の生涯

範政の甥とも• これがきっかけで関東の北条氏が攻め込んできて8年間ほど争いましたが、最終的に自領の駿河国を守り抜いています。

というより当時は、それなりに教養を積んだ人間であれば多少の歌を詠むぐらいは出来て当然という世の中であった。

統治初期の事績 [ ] 戦国時代の甲信越 天文6年()2月、氏輝期まで抗争状態にあったの守護・の娘()を正室に迎え、と同盟を結ぶ( 甲駿同盟)。

義元の死後、松平元康の自立を皮切りに三河での今川氏の勢力は徐々に失われ、さらにその影響で遠江にまで混乱が波及する(遠州錯乱)など、今川氏は最盛期から一転急速に没落へと転じていく事となる。

武田氏と上杉氏の協力を得た今川義元はこの戦いで北条氏に制圧されていた河東を奪回し、最終的に武田信玄の仲介により北条氏と和睦を結びました。

その結果、敵対するを排することに成功して遠江守護職を獲得する。

また、 天文22(1553)年には 「今川仮名目録追加」という分国法を公布。

ただ、今川義元は【 1560年】の「桶狭間の戦い」のとき、すでに「42歳」。

ただ、実際には厳しい人質生活を送り、今川義元の名軍師と言われる太原雪斎に叩き込まれたことで、やがて天下人へと大成する人格が形成されたのではないかと思われます。

40