メマンチン 塩酸 塩。 認知症薬メマリー(メマンチン塩酸塩)に重大な副作用「肝機能障害、黄疸」追記

医療従事者、家族等の管理の下で投与すること。 適用上の注意 薬剤交付時 PTP包装の薬剤はPTPシートから取り出して服用するよう指導すること。 副作用. 錠剤表面に黄色い斑点やスジが見られることがあるが、使用色素によるものである。 両薬剤ともNMDA受容体拮抗作用を有するため。 動物実験(ラット)で、乳汁中への移行が認められている。 (その他の注意) 15. 通常、中等度及び高度アルツハイマー型認知症では、自動車の運転等危険を伴う機械の操作能力が低下することがある。 アルミピロー又はプラスチックボトル開封後は湿気を避けて保存すること。 医療従事者、家族等の管理の下で投与すること。 共創未来ファーマ株式会社・社内資料(メマンチン塩酸塩錠20mg「KMP」生物学的同等性試験). (適用上の注意) 14. また、涙液中への移行が認められた。 死亡は2例確認されたが、そのうち因果関係が否定できない症例が1例あった。