デジタル ツイン。 都市の「デジタルツイン」実現のアプローチ|アクセンチュア

シーメンスは、全てのデータをつなぐことにより設計の標準化や機械の付加価値創出が可能であるとうたう。 1994年に土木技師として静岡県入庁。 第2段階が部品や製品を「製造」する際の活用です。 あらゆる意味で、デジタルなソリューションがこれほど強く求められる契機は今までなかった。 IoTのコンテキストでは、これらは「サイバーオブジェクト」または「デジタルアバター」とも呼ばれる。 シンガポール政府は、この都市データプラットフォームの開発へ7,300万シンガポールドル(約60億円)を投資するとしている。
75
内山:デジタルツインにおいて最も重要なことは、私の理解では、サイバー空間での再現をどのくらい精緻にできるか、という点にあると思っています まず、シンガポール全土の地形情報や建築物の情報、さらには交通機関などの社会インフラに関する情報までを統合し、バーチャル空間に3Dモデルとして再現します
このように、Emulate3Dを使えば機械の制御を検証できるため、デジタルツインを実現できると言えます そういう意味では「形状」も重要なのですが、そこに付加される「空間の意味」が一番重要です
我々がCityGMLという、マシンリーダブルなデータを使うのはそのためです 要はフィジカル空間にある本物の機器、設備、建物などからできるだけ多くのデータを収集し、そっくりそのままバーチャル空間内に再現してしまおうというアイデアだ
バーチャル・シンガポール(Virtual Singapore) 今ひとつの都市や、国家全体のデジタルツインを構築しようという試みまで進められています、それが、「バーチャル・シンガポール(Virtual Singapore)」です これでは投資としても非効率なものになってしまう
ほとんど同じような動きをしていることが見てわかると思います 日本語ではよく「デジタルの双子」と訳されます
レコメンデーションでは顧客の過去の購買履歴やページ閲覧履歴を記録し、それらのデータを分析して、顧客が最も興味を持ちそうな商品を推測してレコメンドします 例えば、車のエンジンをさまざまなセンサーやカメラでモニタリングし、そのモニタリングデータを基にコンピューター上に本物と連動したエンジンの仮想モデルを作るとします
関連技術 [ ]• さいごに 今回は、製造業におけるデジタルツインの活用方法について書いていきましたが、医療やスポーツなどの様々な分野で今後も活躍する技術です
11

IoTやAIの技術とデジタルツイン デジタルツインを作り出すにはフィジカル空間からサイバー空間へと送られる大量のデータが必須です。

「設計」から「製造」、「新しい付加価値の創出」までデジタルツイン活用の3つの段階 ただし、製造業におけるデジタルツインの活用には、第1段階から第3段階までレベルがあると考えられます。

これはリアル空間に設置されたセンサー端末などから得られる動的データや、その断面で最新の静的データを指す。

現在、一部の地方都市や過疎地域では、高齢化や人口減少のあおりを受けたことで自治体の財政が逼迫し、住民サービスの質が低下しています。

各種データとAPI連携し、データ連携を順次拡大していく 地理空間情報データを流通させるためのポータルとして、「国土交通データプラットフォーム」というものが実はあります。

2つ目は「人間中心・市民参加型のまちづくり」。

内山:データ流通は、自治体にとって難しいところはありますね。

このように自動運転の研究開発にバーチャル空間を活用する動きは、BMW、トヨタなどのOEMメーカー、Amazonなどのテクノロジー企業にも広がっている 9。

デジタルツインが対象とする全エリアについて、一定のデータ数を確保して、一気に整備を進めていくアプローチだ。

55