地方 公共 団体 における 情報 セキュリティ ポリシー に関する ガイドライン。 地方公共団体における情報セキュリティポリシーに関するガイドラインの概要や参考にすべき部分について

LGWAN接続系とインターネット接続系分割の見直し• また、マルウェア感染の疑いのある端末の隔離やログ出力、統合ログ管理製品との連携で、インシデント発生時の対応や二次被害防止にも備えます。 地方公共団体においては、直接的に国民の情報に影響することを考えると、「安心・信頼」できる仕組みであることは大前提です。 当時の記事を読む• 情報セキュリティポリシーを運用するために必要な情報セキュリティに関する機能を備えている他、情報資産やIT資産を守るための機能がありますので、ぜひともこの機会にご相談、お問い合わせください。 「地方公共団体における情報セキュリティポリシーに関するガイドライン」の改定ポイントは次の7点。 しかし何らかの顧客情報、個人情報を取り扱うのであれば、得手不得手や向き不向きではなく「情報セキュリティ対策は絶対に必要」と考えべきです。
50
自治体様で扱われるファイルの暗号化を必須とすることで情報漏洩リスクを徹底的に排除します 多くの公務をこなしながらこれらの情報を効率的に処理しつつセキュリティ面も担保するのは、ネットワークや端末の整備とセキュリティソリューションの導入・構築に手間とコスト、人員が割かれることが予想されます
さらには、特許取得技術であるハードウェア固有情報と関連付けられた認証を行うため、鍵ファイルのコピー、HDD(ハードディスクドライブ)の抜き取りが行われても、認証エラーとなりファイルは開けず、廃棄したHDDからの流出リスクもございません 個人情報の内容によっては個人を特定するどころか、悪用できてしまう可能性も高いでしょう
研修、人材育成 出典: 総務省発表:「地方公共団体における情報セキュリティポリシーに関するガイドライン」等の公表及び意見募集の結果 *本サイトでは、個人情報保護、情報セキュリティ対策などに参考となる記事を紹介しています 特に情報セキュリティにおいては適宜アップデートしなければセキュリティ性を確保し続けることが難しいので、評価や見直しという考え方は絶対に取り入れるべきです
第4回マイキープラットフォーム運用協議会総会・役員会(平成30年12月25日開催)• 第3回自治体ポイントの活用可能性と運用上の課題に関する検討会(平成30年9月6日開催)• 万が一ファイルが自治体外に流出したとしても、権限のない人は閲覧できないため、情報が漏洩しない仕組みです セキュリティを維持しつつも自治体業務の効率化するネットワーク環境となります
各種専門家と共同で作成したガイドラインを適宜アップデートすることで、日本全体における情報セキュリティの強化を促していると言えます マイナンバー利用事務系、LGWAN接続系、インターネット接続系の3つを分離する
情報セキュリティが疎かであることで罰則、あるいはサイバー攻撃による被害を実際に受けてしまう可能性も否めません 物理的・人的・技術的セキュリティの再構築 ガイドラインを通じて、物理的、人的、技術的セキュリティの再構築も検討しましょう
「地域経済応援ポイント導入による消費拡大プロジェクト」における「マイキープラットフォーム及び自治体ポイント管理クラウド」のシステム仕様(案)並びに「取扱マニュアル」(案)等に係る地方公共団体等説明会(平成29年5月12日開催)• 地域経済応援ポイント導入による消費拡大プロジェクト」における「マイキープラットフ ォーム及び自治体ポイント管理クラウド」のシステム仕様(案)並びに「取扱マニュアル」(案)等に係るブロック説明会資料(平成29年7月6日更新)• com' are the copyright properties of A Red Ventures Company. 何が変わった? 新ガイドライン 2021年1月19日、総務省のガイドライン改定を受けサーバ、ネットワーク機器といったITハードウェアの保守運用サービスなどを展開するゲットイットは「データ消去」に関するウェビナーを開催した 情報資産及び機器の廃棄(データ消去)• 総務省は12月28日、「地方公共団体における情報セキュリティポリシーに関するガイドライン」及び「地方公共団体における情報セキュリティ監査に関するガイドライン」の改定を発表した
今回は新たな時代の要請として、行政アプリケーションを自前調達方式からサービス利用式へ、行政手続きを紙から電子へ、働き方改革、サイバー攻撃の増加とサイバー犯罪における手口の巧妙化等を受け改定を行った マイキープラットフォーム運用協議会総会・役員会(平成29年8月30日開催)•
同時に地方公共団体の提供するサービスは民間などで代替できないケースが多く、個人情報の利用を前提としているものも少なくないことから、強固な情報セキュリティが必要になります クラウドサービスの利用に当たっての注意点• 資料の紹介 総務省が自治体に求められるセキュリティ対策をまとめた「地方公共団体における情報セキュリティポリシーに関するガイドライン」の改定を進めている
自治体のセキュリティ対策の基本となるのが「3層の対策」だ ガイドラインの話だけを見ているとわかりにくい部分はありますが、情報セキュリティポリシーは「サイバー攻撃に対する必要最低限の要素」であり、その必要最低限の要素も満たせず、顧客やユーザーに迷惑をかける結果となる可能性を忘れてはいけません
PDCAサイクルになっており、改善を続けることで、より強固な情報セキュリティになる仕組みと言えます クラウドサービスの利用 クラウドサービスを利用するにあたっての注意点を記載
同省では、2001年3月に「地方公共団体における情報セキュリティポリシーに関するガイドライン」を策定し、2003年12月には「地方公共団体における情報セキュリティ監査に関するガイドライン」を策定、2020年5月22日に「地方公共団体における情報セキュリティポリシーに関するガイドラインの改定等に係る検討会」で取りまとめた「自治体情報セキュリティ対策の見直しについて」を踏まえ「地方公共団体における情報セキュリティポリシーに関するガイドライン」と「地方公共団体における情報セキュリティ監査に関するガイドライン」を改定した リモートアクセスのセキュリティ• Editorial items appearing in 'CNET Japan' that were originally published in the US Edition of 'CNET', 'ZDNet', 'TechRepublic', and 'CNET News. 同時に、基本方針や対策基準を骨格として策定することで、最低限のセキュリティレベルを確保することにもつながります
こういったガイドラインに関する説明を見ていると「詳しいことはわからないけれど、必要だということはわかっている」と頭を悩ませる場合もあるでしょう 関連記事• を公表しました
総務省は12月28日、「地方公共団体における情報セキュリティポリシーに関するガイドライン」及び「地方公共団体における情報セキュリティ監査に関するガイドライン」の改定を発表した 総務省は5月22日、今年の夏を目途に「地方公共団体における情報セキュリティポリシーに関するガイドライン」を改訂する予定であることを発表しました
今回は、地方公共団体における情報セキュリティポリシーに関するガイドラインの概要や、参考にすべき部分についてご説明します 総務省の「地方公共団体における情報セキュリティポリシーに関するガイドライン」は、国家組織としてセキュリティに対する取り組みの指針や目標となる部分です
もし、情報セキュリティに関する部分でお悩みであれば、当社の提供する「AssetView」をおすすめします 情報セキュリティポリシーの策定及び導入の手順 ガイドラインの情報セキュリティポリシーの策定や導入の手順は非常に参考になります
平成27年9月に個人情報保護法が、平成28年5月に行政機関個人情報保護法が改正され、個人情報の定義の明確化、要配慮個人情報の取扱いの規定、匿名加工情報(国の行政機関等が保有する個人情報については非識別加工情報)を提供するための仕組みの整備等が行われました 今回は、地方公共団体における情報セキュリティポリシーに関するガイドラインの概要や、参考にすべき部分についてご説明します
その実現で役立つ技術が、デスクトップ仮想化とエンドポイントセキュリティだ 同時に「どうやって情報セキュリティを導入、運営すれば良いかわからない」と考えることもあるかもしれません
第2回自治体ポイントの活用可能性と運用上の課題に関する検討会(平成30年6月1日開催)• 〇「地方自治体のデジタルトランスフォーメーション推進に係る検討会」のURL 〇「デジタル・ガバメント閣僚会議」のURL 【マイキープラットフォームと地域経済応援ポイント(マイナンバーカード活用)】 事業の概要については、下記の【資料1】「マイナンバーカード」を活用した地域経済好循環システムの構築(未定稿)(平成29年7月6日更新)をご覧ください 具体的なPDCAサイクルや権限や担当の設定 ガイドラインに記載されているPDCAサイクルも非常に参考となります
LGWAN接続系における庁内無線LANの利用 LGWAN接続系にて庁内無線LANを利用する場合のセキュリティ要件を記載 5. ・ 【ICT部門の業務継続計画(BCP)策定の推進】 業務継続計画(BCP とは災害・事故を受けても重要業務をなるべく中断せず、中断しても出来るだけ早急に復旧させるための計画です 【地方公共団体の個人情報保護】 地方公共団体が保有する個人情報については、個人情報保護法・行政機関個人情報保護法等の趣旨にのっとり、また、その地方公共団体の区域の特性に応じて適切な取扱いが確保されるよう、技術的助言等により各団体の個人情報保護条例の見直しに必要な支援を実施しています
64