外 顆 骨折。 肘の骨折について

図1.肘関節 受傷機転 交通事故、労働災害、高所からの落下などの大きな力が加わっておこる骨折は若年、中高年に多く、直接打撲したり手をついて捻ったりした時に発生します。

ただ、上腕骨小頭には成長の核となる小頭核が出現しており、他の軟骨部分よりも強度がやや高くなっています。 同部位に腫れや皮下出血を伴うこともありますが、あまり腫れないこともあるので要注意です。 術後の足を動かす練習 深部静脈血栓症(エコノミークラス症候群)にならないように、術翌日より脚全体を持ち上げる練習をしたり機械で脚を動かす練習をしたりします。 骨粗鬆症のある高齢者では膝を衝くように転倒すると骨折することもあります。 特に肘を外側に開く運動の制限と痛みが強く出ます。 <症状・診察所見> 肘関節の外側の腫れ、押したときの痛みを認めます。

左右を比較して関節面の骨折を注意深く調べます。

子供の肘周辺の骨折の中では外顆骨折に次に多いです。

予後は骨片転位が無いか、転位の程度が小さければ良好です。

CTでは骨折部の詳細が分かり、手術適応や手術方法の決定に必要になります。

上腕骨遠位端の解剖を細かく見ると次のようになります。

上腕骨内顆・外顆骨折|運動器系の病気(外傷を含む)|分類から調べる|病気を調べる|病気解説2600項目|根拠にもとづく医療情報の提供|家庭の医学 大全科 成人に多い疾患で小児には比較的少ない疾患です。

(約2~3%)これを予防する為、術後には両脚の間に三角形の外転枕を置いたり、またトイレや入浴などの日常生活動作において股関節を過度に屈曲、内転しないよう指導してゆきます。

足関節の機能傷害で、後遺障害が認定される場合の等級は、第10級11号や第12級7号が多いです。

足関節の可動域制限(機能障害) 足関節果部骨折は、足関節部分の骨折なので、変形治癒などにより、足関節の可動域制限が後遺障害として残ることがあります。

50

固定が除去出来ました際には、後療法を行います。

2~4週後にT字杖にて退院となります。

ROM運動中の防御収縮に対しては筋弛緩を再教育する。

左肘部に開放創はないが、肘部全体に高度な腫脹を認める。

坐骨?• midshaft humeral fractures in children• <原因> 肘を伸ばした状態で、肘が強制的に外側に向けられ発生します。

足関節骨折(足首のくるぶしの骨折)は、下腿や足が固定された状態で直接外力が加わったり、捻りや横方向・縦方向への力が足関節に及んだときに起こる骨折です。

9