花 恋 つらね。 花恋つらね18話のネタバレと感想【両想いになる】 | 漫画中毒

歌舞伎というBLじゃなくともあまりない世界のお話なので、それだけでも楽しめました。

「寿一郎」に絶対子供が必要ならば兄貴が襲名すればいいと言うと、、、 蔦丸は「それができるならそうするよ!」と珍しく声を荒げます 「よかったじゃん」 「・・・・」 「だよな・・・うん良かったんだよ」 「え?今の返し間違ってる?」 間違ってはないという源介はここで話を変えます
昨日も実は寝込んでしまい、やっと今日ベッドから出られた 源介は先ほど自分の股間に惣五郎の手をやって反応を伝えたことを反省している
惣五郎は源介が好きだから、源介が簡単に好きと言うのが嫌だと言う
その気持ちもわかるので、なんとか皆が傷つかないように・・・尚且つ二人が一緒に居られるようにうまくいってほしいなと思います 蔦丸は身体も華奢で立役はできない
そんな惣五郎にポンっと肩をたたいてくる人が 若々しくてフレッシュなふたりがイキイキ!素顔は可愛くて魅力的な高校生です
惣五郎は部屋で靴を脱ぐと、足首の腫れに驚く 以下ネタばれです
86