ヒール 講談。 みちょぱは有吉弘行の女…ならば、ギャルタレントで1人勝ち状態がしばらく続く

例えば2月8日に放送されたラジオ番組「高田文夫のラジオビバリー昼ズ」(ニッポン放送・平日・11:30)の様子を、スポニチアネックスが翌9日に記事で伝えた。 「みちょぱさんとゆきぽよさんが売れてくると、ニコルさんは意図的にキャラを変えたように思います。 中川家ともずん飯尾さんとも見事にアドリブで続けられる。 お笑いタレント友近(47)が、19日夜放送のテレビ朝日系「お笑い実力刃」(水曜後11・15)に出演し、人気ネタ「ヒール講談」の誕生秘話を語った。 話よりも、音が気になっちゃって。 『そろそろ にちようチャップリン』(テレ東)「SMAvs浅井企画」延長戦。 どうやら、みちょぱの1人勝ちは当分の間、続きそうだ。 テンポよくひとりで話を繰り広げていく講談では、ネタが飛んでしまったらどうすることもできず…。

デイリー新潮取材班• 友近はヒールをタップして調子を取るヒール講談を披露。

「ロバート」秋山竜次(42)と話している中で思いついたという。

「ヒール講談のほうがメジャー」と笑う伯山は「徂徠豆腐」を約18分にわたり披露。

講談師の神田伯山(37)から「おもしろかった」と褒められたことも明かした。

伊達が「圧巻」と大絶賛したこのネタについてのエピソードでも、そのストイックさがうかがえる場面が。

自宅にいながらも劇場に行った気分で、笑いにどっぷりと浸れる。

24