比企 谷 八幡 ss チート。 雪ノ下「もしかして……比企谷くん?」

98 この世界は遊びじゃない。

」 睡眠はしっかりと7時間とった筈なのに 瞼は重い。

1 虚偽. 比企谷八幡を鈍感難聴系ハーレム主人公にするスイッチ 前編 4 なんか大変な単発シリーズ。

. 相模南初淹れコーヒーどうぞ」コトン 八幡「ああ」ズズーッ 八幡(で、俺なんでこいつん家でコーヒー飲んでんの? すぐずらかる予定じゃなかったの? 127: やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。

俺はもうそんなのは嫌なんだ。

23ID:AaZ3nqTS0 相模 あいつ…全部飲み干してくれてる 相模 うちは半分もへってないやー 相模 ダメ元で誘ってみたけどあいつやっぱり優しいなぁ 相模 コーヒーロボット、値段的にはきつかったけど無理した甲斐あったかも 相模 コーヒーは苦かったけど…… 相模 さっきまでの30分間は甘かった…… 130: やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。

61
比企谷くん、ちょっとそこの壁に頭を打ちつけて記憶喪失になってもらえるかしら」 八幡「おいおい出血したらどうするんだよ。 57 ID:EQfQbRrE0 由比ヶ浜「えへへ、来ちゃった!」 雪ノ下「由比ケ浜…さん…」 八幡「はぁ…お前はなんつー格好してんだ」 由比ヶ浜「え?というかなんでヒッキーとゆきのんは制服きてこなかったの!?」 八幡「普通着てこねえだろ…」 雪ノ下「…」 由比ヶ浜「ゆきのん…邪魔しちゃってごめんね」 由比ヶ浜「私たちの卒業式の日、私ね、本当はヒッキーの告白をドアの前で聞いてたんだ」 由比ヶ浜「だからいても立ってもいられなくなってこんなふうに邪魔…しちゃったんだ…」 八幡「由比ケ浜…」 364: やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 」 いろは「期待してます!!」 ----- ---- --- -- - いろは「・・・・・」ムクッ いろは「夢落ちかい!!!・・・・・今度先輩にお兄ちゃんって言って反応を見てみよう。 408• あなた坊主姿全然に合わないわね………」 八幡「笑ってんじゃねぇよ」 八幡「で、なんか用か」 雪ノ下「あれだけ大口叩いて結局葉山くんと姉さんに追い詰められて捕まった哀れ谷くんを笑ってあげようと思ってね」 八幡「面会は以上のようです」 雪ノ下「あぁ、冗談よ冗談!」 八幡「だったらなんだ!この姿あんま人に見られたくないんだよ!」 雪ノ下「それは、その……」 雪ノ下「心配で」 八幡「……………槍でも降るのか?」 雪ノ下「勘違いしないで欲しいのだけれど、あなたは一応私の数少ない知人の1人であって、その人が波乱万丈な人生を送ったあげく牢獄に入れられたとあっては嫌でも心配になるのが普通でしょう。 28 ID:hLU5NYUb0 雪ノ下「ッ……!?姉さんがいるの?」 八幡「さぁな、だがこの声明を聞いたならあの陽乃さんは黙ってないだろ」 雪ノ下「まさか……あなた最初から私を狙って?」 八幡「いや、それは偶然。 じゃなくてできない。 77 ID:EQfQbRrE0 ~ 昼休み ~ 雪ノ下「Bセットを一つお願いします」 おばちゃん「あいよー」 小町「席ご一緒してもいいですかー?」 雪ノ下「小町さん…ええ、どうぞ」 小町「お兄ちゃんに一回でも会いました?」 雪ノ下「ぶっ!!ゴホッ!ゴホッ!」 小町「雪乃さん!?」 雪ノ下「だ、大丈夫…いえ、一度も会っていないのだけれど」 小町「お兄ちゃんもちょーっとくらい顔出しにきてくれてもいいんですけどねー」 雪ノ下「そうかしら、いてもいなくても問題ないと思うのだけれど」 小町「えへへ、小町は嬉しいですけどね」 雪ノ下「…」 社員A「キャー!キャー!」 雪ノ下「?」 243: やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。
35