応答 せよ 1988 ソンボラ。 ドラマ「恋のスケッチ~応答せよ1988~」

お邪魔しました〜。

でも、すべての人を満足させる結末はなかったと思います。

noon companyは「独特な雰囲気を持つリュ・ヘヨンは、努力をし続ける役者だ。

女性は話からドクソンの様・・・。

妹が言うことなら何でもしてあげようとする姉なんです 笑 私の妹が考試院で生活するという想像をしたら、とても悲しくなりました。

劇中のように喧嘩が多い姉妹ではないですが、私が姉であることは間違いないみたいです。

ドクソンが涙を流す時は一緒に胸を痛めた。

今の時代になっては、理解が難しい問題もある。

それにこの間、妹からソン・ボラと同じだと言われました 笑 私は一度もそう考えたことがないのに、ボラがドクソンにああしろ、こうしろという言い方がそっくりだそうです。

いつもありがとうございます。

前2作があっての3作目だから、あえて、ロマンスを中心にせず、家族の問題に重点を置いたのかなとも思うし、まだ1988年から1994年にかけて、一人一人が携帯電話を持つ前の時代では、友達より家族の絆というものが大きかったことを伝えたかったのかもしれない あだ名は「コ・ギルトン」
「応答せよ」シリーズの3番目の主人公たちに熱い関心が注がれるのは当たり前だった 2015年5月18日、tvN「応答せよ1988」のキャスティングの結果が報じられた
セリフっていうか、誰かと話すって感じじゃなくて、、、なんていうんだろ?? 無邪気な笑顔、前向きな思考、家族を思う気持ちなど多くの部分がドクソンと似ていた
「応答せよ1988」は1988年、ソウル道峰 ドボン 区双門洞 サンムンドン に暮らす5つの家族の物語を描くコミカルな家族ドラマだ 3화 [유전무죄 무전유죄]• 1977版は新人を抜擢したキャスティングも目新しく、ドラマの展開に元気の良さもあった
私自身がまだ演技する時に余裕がない気がするし、また私は演技が上手な人ではないと思うからです でも、いざやってみたらただの演技でした
まず「応答せよ1988」に登場したOST 劇中歌 はあの頃、あの時代へのノスタルジーを感じさせた 「シークレット・ガーデン」のパロディであることは言うまでもなく、ミオクもと同じニット帽をかぶっている
監督だけ信じました すべての俳優がそう思うかもしれませんが、私は「応答せよ1988」に出演しながら本当に良い仲間やスタッフに出会って嬉しかったです
いや、パク・ボゴムが成長してもにはならないだろうという思いのほうが強い テクはドクソンがずっと気になっていた友達でした
結婚しても同居人となったり、子供ができても籍にいれられないとか... 今はその法律も無効になったそうで、この2人も無効後?法律改正後?になって結婚できた...だったかな^^; で、この結婚式がもう涙・涙でねぇ(TT) この日のための父の靴をプレゼントするボラですが、サイズが少し大きかったのに何も言わず ブカブカで式場に履いてきた父。 少しだけ早く知っていたら、監督に少しだけ早く聞いてたら、もっと違う演技を見せられたのにという心残りがあります。 第1話だけでヒロインのヘリに注がれた冷たい視線が嘘のように消えた。 涙の演技自体が撮影序盤には難しかったですが、後には泣いてはならないシーンでも泣きました。 すべての俳優がそう思うかもしれませんが、私は「応答せよ1988」に出演しながら本当に良い仲間やスタッフに出会って嬉しかったです。 ボゴム兄さんはチューするシーンは撮ったことがあるが、キスは初めてだと言いました。 ボゴム兄さんはチューするシーンは撮ったことがあるが、キスは初めてだと言いました。 キム・ソンギュン 演 - () 1944年生まれ。
96