コロナ ご 自愛 メール。 「ご自愛ください」の正しい使い方【例文】|「マイナビウーマン」

10
向暑のみぎり、どうぞご自愛ください。 この度の新型コロナウイルスの対策として、 弊社全従業員が本日より在宅勤務となりました。 そんな時ははがきや手紙でお礼や感謝の気持ちを伝えましょう。 新型コロナウィルス第2波の影響、拡大が懸念されております、医療や介護、ライフライン業界に従事なさっておられる方々に深謝申し上げます。 お疲れが出ませんよう、お体をお労りください。
25
または、取引のルールなどを先に理解しておいてほしい、というような場合に用います 「ご自愛ください」の言い換え 何通も送っている場合、ワンパターンのように感じてしまう場合もあります
「風邪など召されぬよう、どうぞご自愛くださいませ」• まずはお詫びまで申し上げます まずはお詫び申し上げます
〇〇先生には改めてご挨拶申し上げたくご連絡差し上げます こつをつかんで、是非、積極的に使ってくださいね
お見舞いの気持ちを伝えるのは、メッセージカードや手紙、一筆箋、葉書などがメールやSNSより心に響きます 相手を気遣うつもりが、わがままな人だと思わせてしまいますので、変換した文字が合っているか必ず確認しましょう
コロナウイルス対策というビジネス文書の冒頭文や結びや締めの文章にコロナを含めた相手を気遣う一言を入れるだけでイメージが変わり、気遣いが相手に伝わるでしょう メールの本文で用件をきちんと伝えた上での付け足しです
・ご検討のほどどうぞよろしくお願いいたします 酷暑の候、どうぞご自愛ください
とはいえ、同じ「ご自愛ください」を使うとおうむ返しになってしまいます どうぞお大切に
45