兎 の 登り 坂。 武家家伝_鹿伏兎氏

26
」とある 中国 [ ] 始めはの如く後は脱兎の如し 出典は『』九地第11 「 是故始如處女 敵人開戶 後如脫兔 敵不及」(始めは処女の如く敵人の戸を開かせ、脱兎の如く素早く攻撃せよ、敵は防御も間に合わない)という兵法
また、そのころに作られたとされる中宮寺天寿国繍帳にも、月を意味する円の中に、不老不死の薬壺と月桂樹の枝とともにウサギが刺しゅうされている 北米では、ウサギ肉はフライ用 fryer 、ロースト用 roaster 、内臓 giblets の3等級に分類されている
ノウサギは春先から秋まで、長期的なゆるい繁殖期を持っている イメージ的には序盤は抑えて、少しづつペースを上げつつも中盤もまだ抑えめに
こうした月の象徴としてのウサギは、仏教・道教的背景を持つ意匠にとどまらず、日本の素朴な民間神事にもあらわれている そこで、サルは木に登って木の実をとってきたり、里に出て里人の果物や野菜をかすめてきて老人に与え、キツネは川原へ行って魚をとってきたり、墓に供えてあった餅や飯をかすめてきて老人に与えた
サイクルラックが多く、サイクリストも多い飯能・名栗地区は子の権現以外にもたくさんの峠があります 末期ごろに原型が成立したとされ、には広く読まれていた『今昔物語集』に採録されたこの仏教説話は、釈尊の前世エピソードを集めた古いインドの物語や中国の『』などの影響をうけているとみられる
Dawson 1958 や 1963 からは異なる定義が使われており、その新しい定義ではウサギ亜科に含まれる 調神社や岡崎神社にはではなく狛ウサギがある
43