アンビル レシーバー。 【Apex Legends】アンビルレシーバーの武器と使い方!シーズン8で復活! 【エーペックス レジェンズ】

Youtubeで強いプレイヤーを見ていると、「R99とピースキーパー」などの「接近戦重視の組み合わせ」でゴリ押ししてたりします。

とはいえ、ダブルタップにしたときの方が瞬間的にダメージが出せるので、奇襲性能は一気に向上します。

2
遠距離での戦いを念頭に置くなら、特化型のG7で良いと言う話になるので、あくまでフルオートの補助。 便利なUSBケーブル つい最近、コネクタの先端が「 マグネット」になっているUSBケーブルを導入しました。 以下 数値です。 しかし「弾を一度に2発消費する」「弾速が遅くなる」というデメリットも発生。 これのせいで何度か撃ち負けたことがありますが、 こと単発射撃においては反動の影響を受けません。
38
現在は修正が入りフラットラインのダメージ量が変わっています! アンビルレシーバーのおすすめ使い方 アンビルレシーバーは装着して射撃切り替えをすることで、 セミオート 単発 射撃ができるようになるアタッチメントとなっています! 発射速度が低下し弾薬をより多く消費する代わりに一発の威力が上がるため、 中~遠距離攻撃時に使用するのがおすすめです! スナイパーやG7スカウトのように高所から一方的に撃つと有利に戦えます! また 301カービンは連射時のブレが少なく比較的中距離でも安定している一方で フラットラインは中距離のリコイルが難しいため、一般的にはアンビルレシーバーは フラットラインのほうが優先して装着したいアタッチメントとなっています!. 33発 116ダメージ。 ヘッドショットが2倍なので頭に1回ダメージが入るだけでキルタイムがかなり早くなります。 本来ならは中距離が強いはずなんですけどね. 45秒もあるので、弾詰まり感はかなり強いです。 近距離では全く意味がないので注意です。 R-301はボディ35ダメージ。 上で書いた「中距離で使うな」を上手くカバーできます。
29