テセウス の 船 原作 結末。 テセウスの船の原作漫画1巻の結末ネタバレ感想!佐野の冤罪の真相とは?

2em;box-shadow:0 1px 4px 0 rgba 0,0,0,. そして、閉村した音臼村のかつての自宅を訪れて、昔、庭に埋めたタイムカプセルを掘り起こします。

居場所を突き止め正志の自宅へ行ってみると、そこには既に変わり果てた姿があったのです。

心が加藤みきおが犯人である証拠となる録音テープを提出したので、 佐野ではなくみきおが逮捕されました。

さつきを殺害した理由 タイムスリップしてきたみきお(39歳)が若き日のさつきを殺害した理由は、2017年のさつきが佐々木紀子殺害の罪を愛する鈴にかぶせ、 鈴が警察に追われる身になってしまったから。

村に行くと、心は霧に覆われ、事件が起きる前の過去に戻った。

音臼村に到着すると 謎の霧に包まれ、1989年1月7日(事件の約半年前)に タイムスリップ!• ドラマでは心が現代に戻る直前に崖から何者かによって突き落とされてしまいます。

この考え方を『テセウスの船』に当てはめると…… ・「入れ替わった部品」に着目すれば 違う船。

57
そして、彼らも田村心を見て、「どこかでお会いしたことあります?」と言うのです・・。 ちなみにあらすじは原作ベースとなっています。 現在の鈴は、頬に雪のせいでできたアザが残っているが、心が見つけたのが早かったため、アザが軽くなったのだ。 しかし原作では心が再び過去にタイムスリップした後に、 警察署にあった捜査資料の入ったダンボールが何かの拍子で落ちてきたことがきっかけで明らかになっていく展開でした。 これから事件を起こす父・佐野文吾を全力で警戒する。 みきおは鈴を 自分のモノにするために音臼事件を起こしていたのです! ネタバレ:みきおが鈴と結ばれた経緯と絶望していた理由 音臼事件を起こし、その後計画通り愛する佐野鈴(貫地谷しほり)と結ばれた加藤みきお。 。 みきおが犯行を記録していた 音声テープを偶然聞いてしまったのだ。