ディファ ストン 副作用。 デュファストン

スポンサーリンク デュファストン使用による副作用は? デュファストンは妊娠をサポートしてくれるありがたい薬です。

精子は着床する時に子宮内膜を傷つけてしまうことがあります。

デュファストンを飲む回数 通常、 成人の場合は1日につき1錠から3錠を、1回から3回に分けて服用します。

子宮内膜の環境をよくする• 本剤は強い子宮収縮作用と子宮頸管開大作用を有し、重篤な副作用として子宮破裂、子宮経管裂傷、子宮出血が報告されています。

妊娠しているか適切な時期に検査して確認しましょう。

黄体ホルモンの分泌が弱いと、そのままでは妊娠する確率が通常より低くなってしまうことがあります。

3.1参照〕。

月経の終わりかけ、妊娠中の胎盤。

黄体ホルモンの分泌が弱いと、そのままでは妊娠する確率が通常より低くなってしまうことがあります。

51