近鉄 ダイヤ 改正 2020。 【近鉄ダイヤ改正】2021年7月3日に減便・最大29分終電繰り上げを実施へ 特急列車も対象

けいはんな線の列車は直通すると同様に昼間時7分間隔から7. また、日中の大和西大寺駅 - 天理駅間の普通の一部が平端駅 - 天理駅間に短縮され、日中の大和西大寺駅 - 平端駅間の普通は毎時5本から毎時4本に削減された 朝に1本設定されていた大阪難波駅発奈良行き特急が取りやめとなった
特急列車関係• うち2両は1026系の元1030Fの中間車2両を改番して、当時4両編成であった1026Fに挿入したものである B:[レベルのカスタマイズ]ボタンを押し、「セキュリティの設定 -インターネットゾーン」を表示
阪伊特急、京奈特急(平日のみ)、阪奈特急(土休日のみ)、吉野特急において昼間時間帯の一部列車を臨時列車化 一般列車関係• また、土休日の大阪上本町駅9時50分発、宇治山田行の特急を大阪難波発鳥羽行に変更し、停車駅を見直す
これにより快速急行は大阪上本町駅 - 五十鈴川駅間で10両編成の運転が可能となったが、この変更以降も、10両編成の最遠運転区間はこれまでと同様に青山町駅までのままであり、不変であった の待避線が廃止され、変更前に阿倉川駅で待避していた列車は川越富洲原駅や近鉄四日市駅での待避に変更された
(現状ホーム延伸で8両の停車に対応できないは通過します この変更を前に、3連のが営業運転を終了した
同年6月11日には延伸に伴う京都線の急行と準急のへの停車を開始した 一般列車関係 白紙ダイヤ変更のため、全体的に本数の削減や列車種別の再編を実施した
櫛田駅・明野駅の待避線設置は将来のスピードアップと列車増発に対応するためのものである これによりワンマン対応車両となった1200系1205F - 1210Fは1201系に編入され、1253系は1259系、1020系は1021系、1026系は1031系にそれぞれ形式変更され、1020系と1200系のク1300形は形式消滅した
相互直通急行の運転開始により、京都駅 - 近鉄奈良駅間の急行は快速急行に変更され、竹田駅で相互直通急行と接続していた 西桑名駅 - 西別所駅間は2. 当時の停車駅は、京都駅・竹田駅・近鉄丹波橋駅・大和西大寺駅・近鉄奈良駅であった
62

現行ダイヤの始発列車は平日・土休日とも上野市駅5:18発ですが、ダイヤ変更後は5:13発となり、5分繰り上がります。

平日については、既に2001年から松阪駅となっていた(それ以前は、同じく吉野駅5時25分発が最も早かった)。

1995年3月16日変更 [ ] 新造車両22両の増備と、近鉄八尾駅・・・のホーム延長工事が完成したことにより実施された。

変更前の名張駅初発の大阪上本町行き区間準急(土休日では普通)を大和八木行き普通に変更し、大和八木駅から大阪上本町行き急行として運転。

これにより、津新町駅 - 伊勢中川駅間の普通列車は毎時2本(志摩線直通のワンマン普通列車のみ)となり、約20分 - 40分間隔の運転になった。

本記事で単に「」と表現した場合、を必要とする特急()を指す。

2016年3月19日変更 [ ] 阪神側のダイヤ改正内容については「」を参照 この変更では、特急列車の統合による停車駅追加と、大阪線平日ラッシュ時、大阪 - 松阪・伊勢間の急行系列車および名古屋線系統の運転形態の見直し、始発列車の繰上げ・最終列車の繰り下げを中心とした変更となった。

各線区とも、ダイヤの変更は小幅に留まったが、一部の列車の削減や一部列車での列車編成両数の見直しが実施されている。

89

なお、このダイヤ変更にあわせて、23000系のサロン料金が値下げされた。

2016年4月21日閲覧。

面白い運行形態だと思うけど、プレスリリースだけ見たら勘違いしちゃいますね。

近鉄名古屋駅23時40分発近鉄四日市行き急行を準急に変更。

また平日朝ラッシュ時に運行されていた - 間の区間列車が廃止された。

その他、一部残っていた伊賀神戸駅折返し列車がほとんど青山町駅折返しとなった(後述の特急を除く)が、平日8時台の1往復のみ伊賀神戸駅折返し列車が残存していた。

2002年3月20日変更 [ ] 特急列車関係• 23時台での大阪阿部野橋駅発の準急を平日は2本、土休日は1本増発。

この変更で駅の時刻表における伊勢志摩ライナーのロゴマークがリニューアル後のデザインに変更された。