パワーポイント 録音。 スライド ショーをナレーションとスライド切り替えのタイミングとともに記録する

このようにPower Pointを音声付きで録画したい時は、画面録画や音声録音のためのソフトやツールが必要です。

以前のバージョンのPowerPointでは、ペンと蛍光ペンのストロークはインク注釈図形として保存されます。

後で、オンにします マイクロフォン 音量を調整します。

もちろん、発表会場などでビデオとして流すことも可能だ。

後で、 ショー終了 オプション。

83 98
ヒント: 次のスライドを表示するタイミングを、マウスをクリックしたときにするか、 または 入力した秒数後に自動で切り替わるようにするか、いずれか早いほうにするには、 クリック時 と 自動的に切り替え チェック ボックスの両方をオンにします Power Pointを起動し、画面上の任意の場所をクリックして録画開始、または、収録するエリアをドラッグして選択してから、「 収録を開始」をクリックする
動画変換はそれなりに時間を要する処理であり、パソコンの性能によっては10分以上の時間を要する場合もある 6.今度は四角エリアの音声アイコンを、動画トラック以外の空いたトラックにドラッグ&ドロップしてください
この連載の前後回• 選ぶ スライドショーを記録する 下 スライドショー セクション 7.これで動画トラックとノイズが消えた音声トラックがそろいましたので、動画ファイルに書き出します
6.ノイズを消すための準備をします オンラインのYouTubeビデオ、チュートリアル、ゲームプレイ、通話、およびすべての画面上のアクティビティを記録します
ナレーションとタイミングの削除 その他の機能 続いては、「ナレーションの録音画面」に用意されている各種機能について簡単に紹介しておこう [ スライド切り替え後も再生]: すべてのスライドで 1 つのオーディオ ファイルが再生されます
編集ビューではビデオとインクのサイズの調整と編集ができます YouTubeなどのプラットフォームに直接共有 EaseUS RecExpertsを開き、4つの機能が見られます
57