Nhk bs 映画。 映画『卒業』 NHK BSプレミアムで2月22日放送 サイモン&ガーファンクルの名曲も大ヒット

豪華キャスト、森谷司郎監督の骨太の演出、特殊撮影を駆使した映像で大ヒットとなったパニック超大作。

(1)石原裕次郎• (9)山口百恵• 僕が若いころは映画館でしか見られませんでしたが、今はその気になればいつでも名作を手に取ることができますよね。

(8)アラン・ドロン• (3)ヴィヴィアン・リー• 2011(平成23)年4月からは『山田洋次監督が選んだ日本の名作100本』を放送。

(9)ベン・ハー 1959年• ユーモラスなエピソードは皆無、恐怖が見る者を直撃するのでご用心! ヒロインが事務所に入る際、ガラスの向こうに見えるヒッチコックは白いカウボーイ・ハットをかぶって立っている。

(1)ローマの休日 1953年• (7)マイケル・J・フォックス• (10)砂の器 1974年• その作品が面白ければ、同じ監督の映画を探してみたり、お気に入りの俳優が見つかるかもしれません。

現代はビデオやDVD化されていれば過去の作品でも自由に鑑賞することができる反面、情報が膨大すぎて見たい映画を選ぶことが難しくもなっているのではないでしょうか。

『大学映研対抗「われこそ映画通日本一」決定クイズ大会』などを放送しました。

そんな風にみなさんと映画との出会いをお手伝いできたら、そして「こういった視点で見てみませんか?」、「こんな映画忘れていませんか?」という番組からの問いかけに、見る方が共感してくだされば幸いです。

さらに1年にわたって人々の映画に対する思いを調査した「100万人の映画ファン投票」を行い、わが青春の1本、わが心のスターを募りました。

(1)オードリー・ヘプバーン• 山田洋次監督 幅広い年代の方がご覧になっていますから、なるべく優れた作品をセレクトするよう心がけていました。

『ハリーの災難』で映画デビュー後、『アパートの鍵貸します』(1960)などが大好評、『愛と追憶の日々』(1983)でアカデミー主演女優賞を受賞して大女優へと成長した。 その後1992(平成4)年7月2日には放送1000回を記念してアニバーサリー番組も企画。 【アカイさんの一言】 毎日のように魅力的な映画を放送してきた『衛星映画劇場』。 【製作】田中友幸、田中収 【監督】森谷司郎 【特技監督】中野昭慶 【原作】小松左京 【脚本】橋本忍 【撮影】村井博、木村大作 【音楽】佐藤勝 【出演】藤岡弘、、いしだあゆみ、小林桂樹、丹波哲郎、島田正吾 ほか 製作国:日本 製作年:1973 備考:日本語/字幕スーパー/カラー/レターボックス・サイズ. 「サウンド・オブ・サイレンス」「スカボロー・フェア」などサイモン&ガーファンクルの名曲も大ヒットした。 映画への情熱が伝わる渡辺さんのお話をうかがい、アカイさんも若いころに見た名作映画を見直してみようと思いました。
42